風水において避けたい間取り 〜 風水間取り・インテリア・グッズ

main_top_over_navi
main_top

風水において避けたい間取り

風水においての間取りで覚えておくと役に立つことを紹介したいと思います。家の間取りでは避けたほうがいい間取りというのがあります。運気を左右するので、重要な情報です。
風水において運気がアップするといわれているのはスムーズに気の流れを流れるようにすることといわれています。
まず避けたいのが、鬼門と言われている北東や南西の方角に玄関やトイレ、お風呂などの水回りを置くことです。
そして、もうひとつ気を付けてほしいのは鬼門の方角は、常に清潔に汚くしておかないことです。
リビングルームを間取りする際に気を付けたいのは北の方角を避けるということです。リビングは家族団らんをしたりする癒しの場です。ゆっくりリラックスして過ごせる場所にしたいですよね。
北は寒い場所が多いのであたたかいエネルギーが起こりにくいので避けたほうが良いでしょう。
北の方角にリビングを置いてしまうと風邪をひきやすくなったり、冷たい空気が溜まりやすくなってしまうことがあるようです。
あと気を付けたいのが玄関です。玄関は風水において運の出入り口と言われています。人の出入りが1番多いし気の通りも多いです。
鬼門以外を避ければ、方角はそれほど気にすることはありませんが西の方角は避けたほうがいいとも言われています。綺麗にしておくことも大事です。
他に西の方角で気をつけたいことはお風呂を西側におかないということです。異性トラブルや、不倫や浮気などの問題が起こってしまう可能性がでてきてしまいます。
他に気になるのが寝室ですね。寝室はゆっくり休んだり、リラックスしたりする場所です。寝室に適した方角は北と言われています。
しかし、比較的どの方角に配置してもその方角なりの良いところがあります。
子供がいる方は子供部屋も気になりますよね。子供部屋で気を付けたいのはリビングルームから遠いたところに間取りをしないことです。できるだけいつでも顔が見られる部屋に配置して近い距離を保ちましょう。
遠くに配置すると子供が家族との関わりを避けるようになってしまいます。


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 風水間取り・インテリア・グッズ All Rights Reserved.