風水において鬼門の間取りとは?! 〜 風水間取り・インテリア・グッズ

main_top_over_navi
main_top

風水において鬼門の間取りとは?!

よく耳にする鬼門。
風水において家の間取りを決めるときに、一番気をつけたい場所です。
鬼門という方角は鬼が出入りすると言われています。北東が鬼門と言われているのですが、昔から多くの人に嫌われてしまっている方角です。
他には裏鬼門と言われているのが南西の方角です。この方角も同じように嫌われています。
北東と南西を結ぶ線上にある場所やものには気を付けた方が良いでしょう。
特にトイレやお風呂は鬼門に間取りすることは避けた方が良いでしょう。
風水においては間取りを考える際、鬼門を一番に考えて、水に関するものは鬼門には持ってこないほうが、
良いといわれていて、水を持ってこないことが、家を守ることになると考えられています。
しかし、どうしても、家の形や部屋の間取りは都合上変えられない場合も多いと思います。すべて風水通りうまくいくわけではありません。
その場合、一番大切なことは、鬼門にあるものや、場所自体を汚くしないということです。
トイレやお風呂の水回りは毎日掃除をしてできるだけ綺麗にしておきましょう。さらに、お風呂の風呂桶の水はためておかずに流してしまったほうが良いです。
水回りを清潔にしておくことは運気アップにも繋がるのです。
また、鬼門には風水においてで厄を払うといわれている盛り塩をすることも効果的です。
盛り塩に抵抗のある方は生花やラッキーカラーの壁紙を飾ってみるのもいいかもしれないですね。
家を新築したり、購入したり、リフォームを考えている方はまずは鬼門を確認し、水回りの位置を決めてから他の間取りを考えてみるといいかもしれません。
間取りが決まれば、あとは清潔を心がけ、特に鬼門は汚さないように気を付けて過ごしましょう


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 風水間取り・インテリア・グッズ All Rights Reserved.