建物の形や間取りは風水ではそのような影響があるのでしょう 〜 風水間取り・インテリア・グッズ

main_top_over_navi
main_top

建物の形や間取りは風水ではそのような影響があるのでしょう

風水を工夫することで金運アップや恋愛運アップなどの運気アップをしたいという方のほとんどは、部屋に置く小物やインテリアや方角などを変化させる方が多いと思います。
風水において建物の形について考えたことがある方がすくないのではないでしょうか、
しかし、自分が住む家やマンション、勤務先のビルなどの建物の形は風水においてとても重要な意味を持っているのです。
形には、正方形、長方形、丸型、三角、さらには変形した建物など、色々な形の建物があります。
風水でよいといわれる形の家は、でこぼこなどのへこんでいる部分がない家、鬼門といわている北東と南西がでっぱったりへこんだりしていな家です。
鬼門に水場を作らない方が良いと風水上ではよく言われます。
鬼門が変形してしまっていると、雨が降ったときに雨水がストレートに流れない場合があるので、気の流れも悪くなってしまうのです。
インテリアや家具の配置を決めるときも、でこぼこがあると、決めにくいし、合う家具なども見つけにくいですよね。
そいった理由からも、でこぼこはなるべくない建物が良いし、でこぼこは作らない方がいいのです。
建物を建てる際に他に重要なことは、周りに建っている建物も調査することです。
近くに大きなビルや建物があったり、大きな建物にはさまれてしまっていたりすると、運気の流れが悪くなるのでそういった場所に家を建てるのは、避けた方が良いでしょう。
運気を上げるためにも風水を上手に利用して、家の形や間取りを考えていてはいかがでしょうか。
工務店や建築家や不動産の方はそういった風水的なことに詳しい方も多いのでまずは相談してみるといいかもしれません.


side_top

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 風水間取り・インテリア・グッズ All Rights Reserved.